スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ある日の出来事
飲み会の帰りに方向が同じということで、タクシーに相乗りする事になった。
気性は男勝りで、独身、同じ歳…、会社では煙たがられる存在……でも美人でスレンダー、黙っていれば良い女! (笑)

もう一軒ということで、途中下車……更に日本酒を味わって。。。
タクシーのつかまるところまで歩いて行く途中にホテルを発見し、手を引いてINすることに成功した。

部屋に入った彼女の態度は、普段同様にかなりSっぽい……
負けないように強引に上に馬乗りになり、両手を頭の上で押さえキスをしながらブラウスのボタンを外していく……
強引におかしていく快感が、酔で萎えていた肉棒に力をみなぎらせてくる……

ブラジャーをずらし、露わになった乳房を鷲掴みにしながら、乳首を指で強く挟む……
「あ~」と言う声と同時に、抵抗していたチカラが抜けるのがわかった。

頭の上で押さえていた手を外し、今度は優しく唇を重ね、舌ヲタ絡ませていく。

耳郭に舌を這わせ、耳の孔に舌を入れる。
もう吐息しか聞こえてこない…

乳房に舌を這わせながら、乳首に歯をたてると、体を仰け反らせ歓喜の声を発している。

そのまま脇腹にも歯型を残し、スカートとストッキング、パンティを一気に脱がせた……

両脚を開かせ、その間に身体を入れ、肉棒の先端で、クリと既に汁を垂らしている唇を、焦らす様に突く……
肉棒も早く交わりたがっているが、ガマン………

相手を四つん這いにさせて、お尻を突き出させ、平手でお尻を、ピシッャ、ピシッャと叩く………
歓喜の声………
同時に汁を垂らしている唇は開き、更に垂れてくる……

ついにガマンできず、腰を引き寄せ、思い切り奥まで何度も何度も突き上げた

お互いの歓喜の声が部屋に響き渡り、熱く濃い汁を中だしした………

スポンサーサイト


未分類 | 23:00:06 | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。